会社案内|電源システムをクリエイトする 株式会社東京理工舎

会社案内

ご挨拶

電気は永遠のエネルギー、永遠のロマン

電気は作られ、また更なるものを創るのに電気が役割を果たす。このように永遠に繰り返 されていくエネルギー、電気。
その世界に、夢見る心で挑み、技術を磨き、上手に効果的に活用していく。
東京理工舎は 創業80余年の電源関連のメーカーとして、その役割を担っています。

現在、私たちは高度化するテクノロジー・ニーズに対応し、産業界に貢献すべく、部品からコンピュータ制御システム電源まで、産業設備の心臓部を開発し、提案・提供しています。
今後、積み重ねた技術の上に若い力と新鮮なアイデアを注ぎ込み、新しいニーズの開拓は もちろんのこと、枠組みを超えた他企業との共生の中で、海外へ、そして未来へ目を向けていきたいと考えています。

代表取締役社長 岡崎 孝宣

会社概要

商号
株式会社 東京理工舎
設立
1962年(昭和37年)4月
創業
1924年(大正13年)10月
代表取締役社長
岡崎孝宣
本社
〒338-0823 埼玉県さいたま市桜区栄和 1-4-30
TEL : 048-856-3851 FAX : 048-856-3861
大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島4-6-19木川ビル4F
TEL : 06-6304-1283 FAX : 06-6304-1289
資本金
4,700万円
取引銀行
埼玉りそな銀行 浦和中央支店
三井住友銀行 日暮里支店
三菱UFJ銀行 王子支店
従業員数
36名

アクセスマップ

交通のご案内

電車・バス
JR浦和駅西口「大久保浄水場」行 町谷バス停下車3分
JR北浦和駅西口「埼玉大学」行 栄和北町バス停下車7分
お車の場合
首都高速浦和南IC下車約10分

会社沿革

1924年10月
初代社長辻窪栄蔵渋谷区に於いて電気理化学機器の製造販売を開業
1935年 3月
港区高輪に移転
1943年4月
スライドトランス並びに各種変圧器の製造を開始
1950年10月
通産省電気試験所の技術指導を受け自動電圧調整器(磁気増幅器型)の製造開始
1952年 8月
合資会社設立資本金50万円とする
1958年 9月
資本金300万円に増資
1958年 9月
北区田端新町に移転
1958年12月
大阪営業所を開設
1961年 7月
川口市に川口工場を設立操業に入る
1962年 4月
株式会社設立資本金2,000万円とする
1965年10月
サイリスタ式交流電圧調整器「バリタップ」を開発、販売を開始
1967年 6月
還流防止コイル、還流抑制コア付複ブラシ式大容量スライドトランスを開発、販売を開始
1968年10月
「バリタップ」通産省工業技術院より本年度新製品最優秀製品として表彰される
1968年12月
合資会社を吸収合併資本金2,300万円とする
1969年 5月
辻窪松雄、社長就任
1969年10月
自動電圧調整器「オートパワー」を開発、販売を開始
1973年 1月
直流電源機器「DC・パワーサプライ」を開発、販売を開始
1973年 2月
福岡営業所を開設
1980年 7月
資本金4,700万円に増資
1981年 4月
サイリスタ式大型電圧調整器、Hシリーズバリタップを開発、販売を開始
1983年 3月
温調用ゼロクロス分周方式バリタップ「Zシリーズ」を開発、販売を開始サイリスタ式電圧調整器「Pシリーズ」バリタップを開発、販売を開始
1984年 4月
東海営業所を開設
1988年 9月
バリタップ「Pシリーズ・Zシリーズ」改良、モデルチェンジを実施
1990年12月
多様化するニーズに応え「システム電源」を開発、販売を開始
1991年 4月
「デジックシリーズ」を開発、販売を開始
1992年12月
「交流スイッチングレギュレーター」「ウェーブシリーズ」を開発、販売を開始
1993年11月
多機能・低価格の周波数変換器「ESAシリーズ」を開発、販売
1994年 2月
岡崎孝宣、社長就任
1995年 1月
「断線警報機」を開発、販売を開始
1995年 5月
「消磁器」を開発、販売を開始
1996年 3月
「非接触給電システム」を開発、販売を開始
1997年 4月
香港会社 TOKYO RIKOSHA(HONGKONG)Ltd. 設立
1998年 9月
減衰特性に優れた「ノイズカットトランス」を販売開始
1999年10月
「耐雷トランス」を開発、販売を開始
2001年11月
「リフティングマグネット用電源」を開発、OEM供給
2002年12月
「瞬停発生装置」を開発、OEM供給
2003年 8月
操作性に優れた「デジタル指示調節計」を販売開始
2003年 8月
周波数変換器「ESAシリーズ」1KVA、2KVAの高機能、低価格を実現、販売を開始
2004年 7月
周波数変換器「ESAシリーズ」3KVAを開発、販売を開始
2005年 4月
バリタップ「VSCDシリーズ」を開発、販売を開始
2005年 4月
交流スイッチングレギュレータ「ウェーブシリーズ」の小型低価格化を実現、発売を開始
2005年 8月
CEマーキング「ノイズカットトランス」を販売
2006年 2月
ISO 9001:2000、ISO 14001:2004、同時認証取得
2007年 9月
CEマーキング「バリタップ」を販売
2008年 1月
東京都「北区未来を拓くものづくり表彰」新製品・新技術部門にて「非接触給電システム」が表彰
2008年 4月
電圧降下試験装置「ディップシミュレーター」が埼玉産業人クラブにて「西海記念賞」を受賞
2008年 9月
バリタップ「VSCWシリーズ」を開発、販売を開始
2009年 4月
バリタップ「VSCWシリーズ」がCEマーキング対応
2010年 2月
バリタップ「VTCQシリーズ」を開発、販売を開始
2010年 5月
ベトナム ホーチミン出張所開設
2011年10月
バリタップRoHS対応品「VPR-10A,10C」の販売を開始
2016年4月
本社所在地を埼玉県さいたま市に移転
2016年12月
バリタップ VPJシリーズをVPJ-Nシリーズにリニューアル
2018年5月
バリタップ VPシリーズリニューアル
2019年7月
バリタップ「VSCXシリーズ」を開発 販売を開始